10代の若ハゲを改善するためにやっておきたいこと

10代の若ハゲ

「まだ10代なのにハゲてきた…。このままじゃヤバい…。」

10代で若ハゲが気に始めると、精神的にも辛いですよね。

周りは若ハゲとは無縁の生活を送っているのに、「どうして俺だけ…」と悲観するのも無理はないです。

僕は22歳で生え際のハゲが気になり始めたので、若ハゲの辛さが良くわかります。

毎日のように鏡の前でハゲをチェックしたり、スマホで写真を撮ってみたり、芸能人のハゲを調べてみたり…。

若ハゲって見た目が辛いのももちろんだけど、精神的にもかなり辛いんですよね。

正直、これは経験したことがない人にはわからないので、相談しても理解してもらえないことも多い。

でも、安心してください!

今の時代、10代の若ハゲは早めに対策しておけば改善できる可能性は高いです。

僕は22歳でハゲが気になり始めて対策を始めましたが、20代後半の今では当時よりも毛量が多く、ハゲだとわからないレベルに復活しました。

生え際のM字部分はかなり悲惨な感じでしたが、今では前髪をかき上げても気にならないし、友達と銭湯に行けるようになりました。

とはいえ、間違った方法で対策しても10代の若ハゲは改善できません。

大事なことは、”1日でも早く効果的な対策を始める”ということ。

10代の若ハゲを放っておけば、20代を迎えるころには今以上に酷くなっている恐れもあります。

彼女ができたり、社会人になって働くときに、若ハゲだというだけで周りからいじられるのは想像するだけで辛いはず。

そうなる前に、まずは今から効果的な対策に取り組んでいきましょう。

この記事では、

・10代で若ハゲになる原因
・10代の若ハゲを改善するための効果的な方法
・10代の若ハゲを改善するまでの流れ

について詳しくまとめました。実際に僕が若ハゲを改善するために取り組んだ方法も紹介しているので参考にしてみてください。

10代で若ハゲになる原因とは

まずは若ハゲになってしまう原因について書いておきます。

原因を理解すれば、どうすれば若ハゲを改善できるのか?理論が簡単にわかりますよ。

理論がわかれば、怪しい商品に騙されることもないですし、無駄なことに時間を費やすこともなくなります。

で、10代で若ハゲになってしまう原因は大きく分けて3つあります。

10代で若ハゲになる3つの原因
  • AGA(男性型脱毛症)
  • 頭皮環境の悪化
  • 生活習慣の乱れ

一つずつ解説していきます。

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは、男性ホルモンが原因でハゲてしまうタイプの薄毛です。

男性ホルモンが原因でハゲるので、ハゲの原因となる物質を抑えない限りハゲはどんどん進行してしまいます。

男のハゲの8割以上がAGAだと考えられており、放っておけばどんどん酷くなり、最終的には毛根が死滅して二度と毛は生えなくなってしまいます。

AGAの特徴としては、つむじか生え際、もしくはその両方が薄くなっていきます。

つむじと生え際以外は薄くならないので、AGAかどうかの判断はしやすいです。

生え際が薄くなる場合、M字に剃り込みが深くなったり、おでこが後退して広くなっていくタイプがあります。

つむじが薄くなるのは、つむじがどんどん大きくなって地肌が見えるようになっていくタイプです。

両方発症している場合、最終的にはおでことつむじが繋がるように薄くなり、サイドだけ毛が残るのでバーコードのようになることも。

AGAを対策するためには、若ハゲの原因となるハゲ物質をブロックすること。

そのうえで、弱った毛を育毛して太くすれば、以前のようにハゲを気にしない生活を取り戻すことができます。

頭皮環境の悪化と生活習慣の乱れ

10代の若ハゲで多いのが、生活習慣が乱れていたり、頭皮環境が悪化したりしてハゲてしまうこと。

具体的には、次のようなことを続けていると、毛が細くなったり抜け毛になることがあります。

頭皮環境が悪化する要因
  • 髪の毛を作るのに必要な栄養が不足している
  • 徹夜を頻繁にして睡眠不足が続いている
  • ワックスやヘアスプレーを付けたまま寝る
  • 刺激の強すぎるシャンプーを使い続けている

あくまでも一例ですが、こういった生活を続けていると頭皮や髪へのダメージとなり、ハゲてしまうリスクが高まります。

特に、髪の毛は食べたものから作られるので食生活が乱れているのは要注意。

1日3食、栄養バランスの整った食事ができていますか?

コンビニで済ませることが多い、お菓子ばかり食べている、偏ったものしか食べていない。こういったことに自覚があるなら、まずは食事を見直すことが必須です。

髪の毛には、アミノ酸・ビタミン・ミネラルが必要なので、これらの栄養素をしっかりと摂らないと、毛はどんどん痩せ細って地肌が透けるようになりますよ。

以上が10代で若ハゲになってしまう原因です。

AGAは遺伝的な要因が大きいものの、普段の生活習慣が乱れることで頭皮に悪影響になってハゲているケースも少なくないです。

次からは、具体的に10代の若ハゲの改善方法について解説していきます。

10代の若ハゲを改善する効果的な方法

ここからが本題です。

はじめに結論を書いてしまうと、10代の若ハゲに効果的なのが育毛剤です。

「シャンプーじゃダメなの?」
「育毛剤って本当に効くの?」
「ワカメや大豆を食べるだけじゃ効かないの?」
などなど。

いろいろ気になることはあると思うので、まずは育毛剤について解説しておきます。

なぜ10代の若ハゲに育毛剤が効果的なのか

・育毛剤って本当に効くの?
・育毛剤は意味がないような気がする
・おじさんが使っているイメージがあるから抵抗がある

育毛剤に対してあまりよくないイメージを持っている人も少なくないと思います(僕も使い始めるまではよくわかっていませんでした)。

でも、10代の若ハゲに効果があるのは育毛剤だけなんです!

というのも、育毛剤は厚生労働省が「薄毛」に効果があるということを認めている唯一の商品。

他にも「発毛促進・抜け毛の予防」といった効果が、厚生労働省から承認されています。

ハゲが気になり始めると、スカルプシャンプーやアミノ酸シャンプーに変える人も多いと思います。

…が、シャンプーには育毛剤のような効果は認められていません。

シャンプーの効果はあくまでも頭皮を清潔にするということなので、使っても育毛効果はないのです。

他にも、サプリメントを使う人もいますが、サプリメント”だけ”では薄毛に効きません。

サプリメントはあくまでも不足しがちな栄養を補える健康食品なので、薬とは違って効果はないわけです。

10代は薄毛治療薬を使えないので要注意!

最近では、薄毛治療と言って病院で薬をもらってハゲ治療をする方法があります。

プロペシアというハゲの原因物質を抑える薬と、ミノキシジルと言って発毛効果のある薬を使うのが一般的です。

しかし、10代は薄毛治療薬を使うことは認められていません。

薄毛治療を受けられるAGAクリニックを受診しても、10代は薬を処方してもらうことができないのです。

海外から個人輸入して使うという方法もありますが、認められていない薬を飲むのはリスクが高すぎます。

万が一副作用が出てしまったらどうするか想像できますか。

病院での治療を受けたい場合、20歳を迎えるまではどうすることもできません。

つまり、10代の若ハゲを改善するためには、育毛剤を使うのが最も効率的だというわけです。

育毛剤は厚生労働省が薄毛に効くと認めているだけあり、効果を実感している人は多いですよ。

最近では、臨床実験と言って実際に人の頭に使ってどれくらい効果があるのか?を検証した実験をして効果を測定している育毛剤も増えてきています。

一昔前のよくわからない怪しい育毛剤とは違い、効果が明らかになっているものも多いので、育毛剤を使って若ハゲから復活する人もたくさんいます。

とはいえ、育毛剤を選ぶ場合は、慎重に選ぶことが大切。口コミや知名度だけで選んでしまうと、期待できる効果はほとんどない…という悲惨な結果になることも。

僕も初めて使った育毛剤は某有名メーカーのでしたが、3か月使っても全く変化がなかったので、お金の無駄だったと思っています。

10代の若ハゲを改善するための育毛剤は、成分をチェックして選ぶことが必要不可欠。

口コミはねつ造できても、入っている成分は嘘を付けないですからね。

また、先にも書いた通り、臨床実験を行っている育毛剤を選んでおけば失敗はないです。何といっても、実際に効果があることが実験で明らかになっているわけですからね。

では具体的に、10代の若ハゲ対策に使っておきたい育毛剤をいくつか紹介しておきます。

もちろん全て実際に使ったうえで、効果があるもの、低刺激で使い続けられるものだけを厳選しています。

10代の若ハゲから改善するまでの流れ

育毛剤を使いはじめても、残念ながら速攻で変化が出るわけではないです。

そのため「いつくらいで効果が出るのだろう…」「本当に効くのだろうか」と不安になることも。

そこで、若ハゲから改善するまでの大まかな流れを紹介しておきます。

もちろん効果には個人差があるので必ずこの通りになるわけではないですが、ある程度の目安にはなるかと思います。

若ハゲ対策1か月目

育毛剤を使い始めた1か月目には劇的な変化は実感できないです。

とはいえ、全く変化がないわけではありません。人によっては、次のような変化を実感することもあります。

1か月目の主な変化
  • シャンプー中の抜けが落ち着き始める
  • 朝起きたときの枕元の抜け毛が少なくなる

主な変化としては、抜け毛の変化が多いです。

というのも、育毛剤で有効成分を頭皮に塗布し続けることで、乱れていた頭皮環境が徐々に整うようになります。

その結果、これまで次々に抜けていた毛が抜けずにしっかりと成長するようになってくるためです。

抜け毛が落ち着き始めるというと、地味な変化のように感じるかもしれませんが、ハゲ改善の第一歩です。

抜け毛が落ち着けばハゲがこれ以上酷くなる心配はありません。あとは、弱った毛を育毛すれば、もう地肌が見えることはなくなりますからね。

若ハゲ対策3か月目

3か月も使い続けていると、徐々に目に見えた変化を実感する人も増えてきます。

3か月目の主な変化
  • 産毛が目立ち始めるので以前よりもハゲが目立ちにくくなる
  • 毛が濃くなり始めるのでハゲが目立ちにくくなる
  • 触ったときの勢いが良くなり始めるのでセットがしやすくなる

髪の毛は1か月に1cm程度しか伸びないので、育毛剤を使って実感するまでには3か月程度は必要です。

一番多い変化が、気になっていた部分に産毛が増えるというもの。

僕の場合、M字の剃り込み部分に以前はなかったような産毛を見つけることが何度かありました。

おそらく以前はすぐに抜け落ちてしまっていた毛が、育毛剤を使うことでしっかりと成長しているのだと思います。

他にも、生え際に生えていたヒョロヒョロと細い毛が太くなる。

毛1本1本が太くなれば、地肌が透けたり前髪がスカスカになることから解放され始めます。

また、毛を触ったときの勢いの違いも実感し始めるので、寝ぐせがしっかりとついたり、セットしやすかったりします。

このように、3か月目ごろから徐々に効果を実感できるようになりますよ。

イクオスの場合、臨床実験でも優位な効果が認められたのは3か月目。

まずは3か月を目安に育毛剤を続けてみると、ハゲ解消に近づきます。

若ハゲ対策6か月目

6か月続けていると、明らかに薄かった部位が濃くなることも珍しくありません。

相性が良ければ、ハゲが気にならなくなり、以前のように薄毛で悩むこともなくなっているのもこれくらいの時期。

6か月目の主な変化
  • 抜け毛が気にならなくなる
  • 薄かった部位が濃くなり地肌が透けなくなる
  • ハゲのことを気にしなくなり精神的にも楽になる

髪の密度が増えて地肌が透けなくなれば、もうハゲを気にすることもなくなります。

以前のようにハゲチェックをすることも減りますし、何よりストレスがなくなるので精神的にかなり楽になりますよ。

もちろんハゲの進行具合によってはまだ満足できない場合もあると思いますが、6か月も続ければ実感できる可能性はかなり高いです。

ちなみに僕も6か月程度続けた頃には、生え際の剃り込みはかなり落ち着きました。育毛剤を使い始めた当初と比べると、明らかに良くなったことを覚えていますよ。

効果がある育毛剤を選んで継続すれば、若ハゲは何とかなる可能性は少なからずあるというわけですね。

まとめ

10代の若ハゲに気づき始めた初期なら、まだまだ復活できる可能性はあります。

ハゲ対策で大切なことは、とにかく1日でも早く始めること。そしてしっかりと続けること。

男のハゲは放置すれば日に日に酷くなる一方です。放置して自然治癒するようなものではありません。

20代や30代で完全に禿げあがってしまう前に、まずは今できることから取り組むことが必須です。

何もせずに放っておくのではなく、先延ばしにせずに今すぐ対策を始めておくといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です